俺は胤を抱きしめる。

「っ……ちょ、重耳ぃ」

意図せずに彼女の豊かな胸の間に顔を埋めるような感じになった。

「すぅーー」

「ちょ、重耳ぃ……おっぱいの匂い、かいじゃだめだ、ぞ」

「うん……やっぱり本人の匂いのほうがずっといいな……美味しそうだ」

「ぅぅう……」

「重耳、おっぱい好きなんだな」

「ん? ああ、……そうだな、確かにこうして胤のやわらかい胸に顔を埋めてると……ホッとする」

「ぅう……私は重耳の息があたって……なんだか、せつないぞ」

「……それは、エッチな気分になってきたってことか?」

「ぅぅ……ごめん」

「くす、……謝らないでくれ。俺なんかいつもそんな感じなんだから」

…………。

「ん、んしょっ……こんなかんじで、いいのか?」

「あ、ああ」

「でも、無理にしてくれなくても」

「私が頼んだんだから、まずは重耳に気持ちよくなってほしいんだ」

「……胤……」

健気というか、律儀というか。

「んん、んしょっ」

やわらかい二つのふくらみに左右からふにゅぅうっと挟まれる。

「――っ」

この感触だけで腰が震える。

「わわっ……なんか、重耳のオチ○チン……ビクンビクンって脈打ってるな」

「重耳って、おっぱいで挟まれるの好きなのか?」

「ああ。ていうか……たぶん、大半の男は好きだと思う」

「ぅ、うん……私としては重耳が好きならそれでいいんだ」

ふにゅぅう〜〜、


※サンプルシナリオは製品より一部抜粋編集してあります。ご了承下さい。